会社概要
■ 会社概要
商  号 信和エンジニアリング株式会社
SHINWA ENGINEERING CO.,LTD.(SEC)
設  立 1985年10月 (昭和60年10月) 
資 本 金 1億5千万円
本  社 埼玉県川口市本町4−1−8 川口センタービル13階


■ 会社沿革
信和エンジニアリング株式会社は非接触識別システム専門のエンジニアリング企業です。

1985年に創立、21世紀の高度情報化社会を予感し、外資系大型コンピュータ会社のシステムエンジニアOBが主体となり、コンピュータ先端技術開発・次世代型非接触識別システムの研究開発/エンジニアリングを行うハイテクベンチャー企業として誕生

特に、電池を必要としない高集積回路内蔵非接触識別用半導体設計、データキャリア、インテロゲータの開発製造、コンピュータ応用システム設計などSEサービス実績30年の豊富な知識と経験を生かし 「短時間で高品質のシステム構築」 をご提供してきました。

現在では、各企業のトップ企業を主たる得意先とする「総合システムエンジニアリング企業」に成長しています。

信和エンジニアリング株式会社の 「ProxLock 非接触ICカード入退管理システム」 は、過去16年間で延べ1億人の識別を行い、企業のセキュリティやスポーツ計時に貢献しました。
これからも更なる新製品を開発し、みなさまのご期待に応えるべく高品質の製品をご提供いたします。



■ ごあいさつ

「安全と安心」を考える企業になりたい

当社は、RFID技術及び応用システムの研究開発では20年の実績があります。しかし今でも現場から学ぶことが毎日たくさんあります。個体識別技術の専門企業として「無力な人達に対する安全と安心を考える」をメインテーマとして新製品を開発しました。これは、弱者が被害者にならないために、少しでも力のあるものが弱者を守るべきとの発想です。

「地球にやさしい」と言う言葉をよくみかけますが、私達はそれよりもまず「人にやさしい」がなくてはならないと思っています。人にやさしくするのは人ですが、その人は、人にやさしいコンピュータもつくります。本人が意識しなくても、コンピュータが使えなくても、ITの恩恵は受けられるべきなのです。無力で、非力な弱者はなおのこと。

昨今、児童や新生児の連れ去り事件や殺傷事件が頻発しています。対応策はどうしたらよいのでしょうか? たいへん重い課題です。病院に来られる患者さんはただでさえ不安な気持ちで来院されていると思います。患者さんの多くは安全や、盗難、プライバシー保護など何らかの不安を感じています。これらの不安に前向きに対処していく姿勢が事件の再発防止につながると経営者、管理者そしてメーカである私達も信じ、実行しています。それでも事件は無くならないかも知れません。しかし今できることを先送りして後悔するより、今できることは今する、旺盛なチャレンジ精神で取り組むことが、経営者や職員や患者さんなど病院全体の防犯意識を高め、それが犯罪の抑止力にもつながると期待しています。安全で安心して暮らせる環境づくりを推進するため、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。



■ 事業内容



( 1 ) 非接触ICカードビジネス
セキュリティシステム
アクセスコントロールシステム
大規模自動通門システム
自動勤怠管理システム
キャンパスICカード統合システム
電子決済システム
( 2 ) 非接触IC識別応用システム
マラソンランナー着順システム
モトクロス周回計時システム
徘徊/所在検知システム
コスチューム管理システム
自動駐車場ゲート管理システム
テーマパークの決済、課金識別システム
レジャー/リゾート施設ゲート管理システム
緊急通報システム







■ 地 図
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル13F
■JR京浜東北線 川口駅東口下車  徒歩5分