非接触識別技術
情報を非接触で識別する方法は、さまざまな技術が開発されています。中でも電波を利用した識別方式は最も新しく、バーコードリーダやOCRなどのような印刷情報を必要としないため、手軽で高耐久性、操作性など多くの利点を持っています。
電波を利用した識別は、高いギガヘルツの周波数を利用するものから低いキロヘルツを利用するものまでさまざまです。
高い周波数は、通信に比較的大きな電力を必要とするため、どの国においても電波法の規制を受ける場合が多くあります。
低い周波数を利用するものは、比較的電力が少なくてすむため、微弱電波を利用するものが多く、特別な規制を受けなくて済む利点があります。
更に電波は電磁結合と電磁誘導があり、電磁結合は短い距離の通信に、電磁誘導は長い距離の通信に利用されます。
当社の ProxLock システムは、この電磁誘導方式を採用しています。このため回路を動作させるために必要な電力さえもリーダ側から供給を受ける(パワー電送)ことができます。電池が不要、接点無し、高耐久性、高信頼性などの優れた特長を持っています。
一般的な磁気カードやICカードは、ヘッドや接点などの接触面を介して通信を行うため、通信のための特別な操作が必要です。
それに対して非接触カードは、リーダー(アンテナ)に近づけるだけで読み取ったり書き込みしたりできますので、ポケットやカバンからカードを取り出さずに読み取らせることができます。

双葉 ProxLock とは、Proximity Lock のこと
特別に開発された超小型の非接触式識別用高集積回路内蔵モジュール、及び装置の総称です。


「 ProxLock 」 システムの特長

非 接 触 サイフやカバンに入れたままでも読み取り/書き込み可能です。
無 電 地 電力電送回路内蔵により、電池は不要です。
無 接 点 磁気カード、ICカードとは違い、接点も接触面もありません。
高 機 能 読み取りだけでなく、情報の書き込み/読み取りを行う専用のメモリー内蔵タイプもあります。写真処理、文字印刷、磁気ストライプ、エンボスにも対応。
高信頼性 専用の高集積回路搭載、読み取りエラーは100万回に1回以下です。
高耐久性 読み取り回数制限なし、あらゆる環境条件下で高性能を発揮します。モジュールは270℃の耐熱です。